トップページ>>用語集

用語集

用語をクリックすると解説が表示されます。

あ行

AIDMA
AIDMAの法則とは、アメリカの経済学者、ローランド・ホールが提唱した消費者の購買心理過程をあらわした言葉である。
A : Attention(注意)
I : Interest(興味、関心)
D : Desire(欲求)
M : Memory(記憶)
A : Action(行動)
この各プロセスの頭文字をとって「AIDMA(アイドマ)の法則」という。
アクセスログ
アクセスログとは、Webサイトにおける閲覧情報を記録したものをいう。 アクセスログからは、
 ・アクセスページ
 ・アクセス日時
 ・IPアドレス
 ・アクセス元URL
などを知ることができる。
アクセス元URLが検索エンジンの場合は検索キーワードなども取得できるので、 アクセス頻度の高いキーワードを元にその誘導先のサイトのページをより充実したコンテンツにすることでアフィリエイト報酬につなげやすくできる。
アソシエイト
アソシエイトとは、アフィリエイトと同義である。
Amazonではアフィリエイトのことをアソシエイトと呼ぶ。
アフィリエイト
アフィリエイトとは、自分の運営するWebサイトやメールマガジンなどに任意の広告主の広告を掲載し、顧客の誘導を計るWeb広告配信手法である。

誘導した顧客が、広告主のサイトで会員登録や物品の購入などの広告主のサービスの利用を行うことで報酬が発生する「成果報酬型」が主なものとなる。
アフィリエイト・パートナー
アフィリエイト・パートナーとは自分が運営するサイトに広告を掲載し、訪問ユーザーを広告主のサイトへ誘導して売上げに貢献する個人または企業を言う。
アフィリエイト・サービス・プロバイダー(ASP)
アフィリエイト・サービス・プロバイダー(ASP)とは、アフィリエイターに広告主の広告主を配信するサービス提供者のことを言う。
アフィリエイターはASPにユーザー登録し、管理画面から広告主の出稿している広告タグを取得して自分の運営するサイトに広告を掲載する。
その広告から誘導した顧客が、広告主のサイトで会員登録や物品の購入などの広告主のサービスの利用を行うことで報酬が発生する。
インセンティブ
インセンティブとはアフィリエイトの広告経由で会員登録や物品の購入などの広告主のサービスの利用が行われたときに、広告主がアフィリエイトへ支払う一定の報酬金のこと。
インプレッション
インプレッションとは、サイトのページや広告が訪問者に見られること、もしくは見られた回数の単位として使用する(「2000インプレッションあった」など)。
アフィリエイトでは、バナーなどの広告素材が表示される回数として使われている。
ウェブポジショニング
検索エンジンにおいて関連キーワードでの検索結果上位表示を実現し、さらに検索エンジン対策を行うことで上位表示を維持する手法のこと。
売上型成功報酬
売上型成功報酬とは、アフィリエイトプログラムの成功報酬の一種で、 アフィリエイトサイトに掲載された広告を経由して訪問者が、商品・サービスの購入を行った売上に対して支払われる成功報酬のこと。
主に売上額に対して定率を乗じて報酬額が算出される。
SEO
検索エンジンにおいて検索結果ページの表示順の上位に自分の運営しているWEBサイトを表示させるために様々な手法を用いること、またそのための技術・サービス。
検索エンジンの順位付けの方法は変化しており、小手先の手法では上位表示は難しくなっている。地道にコンテンツを充実させていくのが最も確実なSEOともいえる。

か行

クッキー(Cookie)
クッキー(Cookie)とはWebサイトが、Webブラウザを通じて訪問者のコンピュータ上に一時的にデータを書き込んで保存させるしくみ。
このデータはユーザーのパソコンが電源を落としても消えないため、ある程度長期的なデータにも利用できる。
クッキーはアフィリエイトでも、バナーなどをクリックした日時などを記録ことなどに利用されている。
クライアント
アムルメディアでは広告主のことを「クライアント」と表示している。
一部のASPでは「マーチャント」と表示している場合もある。
クライアントはアフィリエイトプログラムを利用して商品やサービスの販売を行う。
クリック型成功報酬
サイト内に掲示された広告を訪問者がクリックした回数に応じて成功報酬が支払われるタイプ。
クリック保障型、ペイパークリックなどとも呼ばれる。
アフィリエイト・プログラムでは、クリック型と成果報酬型など、他の成果報酬と組み合わせて用いられることがある。
クローラー
自動的に世界中のWEBページの内容を収集するプログラムのこと。検索ロボットとも言う。
ページ内容を保存・解析してデータベースに保存し、ユーザーからの検索要求があった時に結果を出力できるようにする。
自動的にページ内を巡回していくため、検索エンジンのデータベースに掲載したくない内容がある場合はメタタグの設定やrobots.txtなどを設置を行い、 掲載を拒否するページを指定しておくなどの対策が必要となる。
ただし、その設定を守らないクローラーもある。
検索エンジンスパム
検索エンジンスパムとは、検索エンジンで上位表示をするためにコンテンツ内に不正な編集を行ったり、 不正なリンクを行ったりすること。
スパム行為は検索エンジン側も厳しく対処しており、スパム行為を行っていると判断されたサイトは順位を下げられたり、表示されなくなったりする。
コンテンツ
WEBページで言えば「ページの内容」のこと。文字や音声、映像などを使用した内容・創作物を指す。
コンバージョンレート
コンバージョンレートとは、広告のクリック数のうち、実際に販売に結びついた数の割合のことを言う。
ある広告が100回クリックされて1回販売に結びついた場合は1÷100=1%がコンバージョンレートである。

さ行

サーチエンジン
WEBサイトを検索キーワードなどで探し出せるサイトのこと。「検索エンジン」とも言う。
Google、Yahoo!などが有名。
SEM
サーチエンジンマーケティングのこと。SEOとPPC広告を組み合わせる手法、 さらにサイトの入口ページやその後の遷移ページまで考慮してサイトの構成を計画する場合もある。
SEMは長期的に運用し、アクセスログなどからサイトの内容を微調整して継続的に運用していく必要がある。
CRM
CRM(Customer Relationship Mnagement)とは顧客の属性や消費傾向・嗜好などを調査・分析し、顧客一人一人のニーズに合った商品・サービスを提供していくマーケティング手法である。
CPA
CPA(Cost Per Action)とは成果報酬広告において、ユーザーの入会や物品購入などの成果一件あたりにかかる費用のことを指す。
CPM
CPM(Cost Per Mile)とはWEB広告の掲載料金の単位。1000インプレッションあたりの広告コストのことを言う。
CPC
CPC(Cost Per Click)とはWEB広告において1クリックに対するコストのことを言う。
即時提携・自動承認
アフィリエイト・パートナーがアフィリエイトプログラムへの参加を行う際、参加できるかの承認を行うが、その承認作業が行われず自動で承認されることを言う。

た行

テキスト広告
テキストへのハイパーリンクで構成されたWEB広告のこと。
トラッキング
アフィリエイトサイトの広告を経由して顧客が広告主のサイトを訪問し、入会登録や商品・サービスの購入を行ったことを追跡するシステム。
このシステムによりどのアフィリエイト・パートナーのサイトから成果が上がったのかが判別できる。
トラフィック
トラフィックとは、主にアフィリエイトでは顧客がサイトを訪れた回数を指す。
またインターネット全体ではアクセスによるデータの流れのことを言う。(「トラフィックが混んでいる」など。)

な行

2階層プログラム
2階層プログラムとはツーティアーともいい、あるアフィリエイターの紹介でASPに入会した アフィリエイターを経由して売上げが上がった場合に、紹介したアフィリエイターにも成功報酬が支払われる仕組み。
ニッチ・マーケティング
大手企業が見逃した「隙間」な市場を中小企業が見つけ、中小企業の小回りのよさを生かして 効率的に収益を上げていくことをニッチ・マーケティングと言う。
2:8の法則
2:8の法則とは「パレートの法則」とも言い、 イギリスで所得と資産分布を調査したところ、20%の裕福層にイギリス全体の総資産額の80%が集中し、 この現象は継続して繰り返された。
また資産分布以外でもそういった法則が見られ、
・トップ20%のアフィリエイト・パートナーの売上げが全体の売上げの80%を占める
・20%のサイト訪問者が全体のアクセスの80%を占めている
などがあげられる。

は行

バナー広告
画像ファイルにアフィリエイトリンクが張られた広告をバナー広告という。
訪問者がバナー広告をクリックして広告主のサイトに訪れ、承認購入やサービスの申込を行うことでアフィリエイト・パートナーに報酬が発生する。
PNG
PNG(Portable Network Graphics)とはGIFやJPEGと同様に画像ファイルフォーマットのひとつで、 GIFに比べて半透明の表現やフルカラー表示が可能で、JPEGよりファイルサイズが小さいなどの利点があるが、 GIFの特許が無効になったため、GIFやJPEGほど普及していない。
B to B
B to B(Business to Business)とは、企業と企業の間での取引のことを言う。
企業と一般消費者間での取引はB to Cと言う。
B to C
B to C(Business to Consumer)とは、企業と一般消費者間の間での取引のことを言う。
企業と企業での取引はB to Bと言う。
ビジター
WEBサイトに訪問するユーザーのこと。
同じユーザーがアクセスする度に1回とカウントする場合を「ビジター数」、 同じユーザーが複数回アクセスしても1回とカウントする場合を「ユニークビジター数」と言う。
ブラウザ
主にWEBサイトを閲覧するために使用されるアプリケーション。
有名なブラウザとしては「Internet Explorer」「Firefox」「Chrome」などがある。
Flash
Flashとはアニメーションや動画・音声などを組み合わせて作成できるWebコンテンツのことである。
Flashを閲覧するにはWebブラウザに「Flash Player」をインストールする必要がある。
一部ではアフィリエイトの広告素材としても使用されている。
プロモーション
アムルメディアでは1つの広告をプロモーションと呼び、 プロモーション内にテキストリンクやバナーリンクなどの「原稿」がある。
PPC
PPC(Pay Per Click)とはクリックされるごとに課金される広告の種類で、「クリック課金」「クリック型成功報酬」とも呼ばれる。
PV
PV(Page View)とはWEBサイトのページが閲覧されること。もしくはその回数のことを言う。
ページが1ページ表示されれば「1ページビュー」である。
ポータルサイト
ポータルサイトとはユーザーがブラウザの起動時に一番最初に開く、入口となるWEBサイトのこと。
日本で有名なポータルサイトでは「Yahoo! JAPAN」「Google」などがある。

ま行

メール広告
電子メールの本文中に掲載する広告のこと。
メールマガジンの本文中などに広告を掲載して送信することができる。
メールマガジン
メールマガジンは「メルマガ」とも言われる。
メルマガの受信を承諾したユーザーに、電子メールで定期的に情報を配信するサービスのこと。
モバイル広告
モバイル広告とはiモード、EZWeb、Yahoo!ケータイなどからのアクセス向けに作成された広告。
バナーサイズやテキストの折り返し幅などを、PCより液晶の小さい携帯に合わせて作成される。

や行

URL
WEBサイトのアドレス(住所)を表示する記述方式。
主に「http://」から始まり、ドメイン・ディレクトリ名・ファイル名などから構成される。
ユーザビリティ
主にWEBサイトの使い勝手や使いやすさのこと。
簡単な操作で実行でき、使用者が使っていてストレスや戸惑いを感じないのが良いユーザービリティーと言える。
ユーザービリティの悪いサイトでは訪問者がストレスを感じて去ってしまったり、 目的のリンクを見つけられないなど、アフィリエイト報酬にも影響を与えるので、ユーザービリティーに配慮したサイトの 構築が求められる。
ユニークビジター
WEBサイトへアクセスするビジター(訪問者)の数で重複がない人数のこと。
重複分を除いた数のため、実際にWEBサイトを閲覧しているユーザー数となる。

ら行

ライフタイムコミッション
ライフタイムコミッション(Life Time Commition)とは初回の成果発生時だけでなく、 同じユーザーからの受注に対して継続的に報酬が支払われる成果報酬のしくみ。
月額利用料などで料金を支払うサービスの場合、ユーザーが毎月利用料を支払う限り アフィリエイト・パートナーに報酬が支払われる。
リード型成功報酬
リード型成功報酬とは、資料請求や無料会員登録・アンケートに回答など 商品を購入しないタイプのアフィリエイト広告に対する報酬のこと。
訪問者がお金を払わないタイプの広告なので比較的ハードルが低く、報酬額も高いものが多い。
リスティング広告
リスティング広告とはアドワーズ広告などのように 検索エンジンでの検索結果で、上位部分に表示される有料のテキスト広告のこと。
リッチメディア広告
リッチメディア広告とは音声や動画、Flashなどを用いた広告のことを言う。
インターネットの回線容量が増えたことやパソコンの処理能力が上がったことから 近年ではリッチメディア広告も使われるようになってきた。

わ行

WWW
WWW(ワールド・ワイド・ウェブ)とはインターネット上で提供されるハイパーテキストシステム。
主にHTMLなどのハイパーテキスト記述言語を使用し、ブラウザを使用して閲覧する。
もちろん無料!新規会員登録 おうちにいながらお小遣い稼ぎ 会員登録する
  • 美容YOGA 空(KU)
ページの先頭へ戻る